暖房のせいで悲劇が起こったムダ毛の話!

私は普通に必要ない毛は自らの個室で抜くタイプです。

脇の必要ない毛はじっくりと自身の個室で処理するのです。

たまに世帯が入って来そうになる事があるので、ドアノブに必要ない毛処理中という張り紙をしておきます。

そうやって必要ない毛をゆったりと処理しているのです。

そのような私に今日悲劇がありました。

普段と変わらず必要ない毛の処理を開始出来たのですが、今日は暖房を利かして処理していたのです。

いつもは電気カーペットがあるので、暖房はつけずに処理するのですが、今度はカーペットが壊れてしまっていて、冷たいので暖房を利かして必要ない毛の処理をしました。

そしたらこの暖房の風がひゅっと拭いて、私の抜いた必要ない毛を置いたちり紙が風に舞ったのです。

あっという間の事で、とっさに飛んでいくちり紙を抑制する事ができませんでした。

そのせいで必要ない毛がいろいろ置かれているちり紙がカーペットにヒラヒラと落ちて、しかも必要ない毛がカーペットの上に飛び散ってしまったのです。

ここ数ヶ月でナンバーワンの悲劇でした。

この後、私は必要ない毛の処理そっちのけでカーペットの清掃をしました。

このカーペットの色が淡いせいで必要ない毛がすごく目立ちます。

清掃に追われて、必要ない毛の処理が最後まで終わらず断念しました。

必要ない毛を抜いていた途中で大悲劇です。

暖かい個室で必要ない毛の処理をするのはこんな危険性があるとは知らなかったです。

不要な時を使ったせいで必要ない毛の処理のが終わらなかったのも最悪でした。

ムダ毛について考える女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です